2018年8月 « トップへ

2018年10月 9日

秋・冬 食欲コントロール対策

秋から冬にかけて、おいしい食べ物も多く、食欲も出てきて、つい食べ過ぎてしまうことはありませんか?
暑い時期が過ぎ、「なぜ食欲が出てくるのか?」、さらに、食欲をコントロールするポイントについてもお伝えしていきます!

なぜ、秋・冬に食欲が増すのでしょうか?

人の食欲に関係する脳の視床下部にある 「食べたい」と感じる「摂食中枢」が、 気温の低下に伴って刺激され、気温が下がる秋・冬に、「食欲が増す」と感じる要因の1つになります。

hc45_img01.jpg

楽しみつつ、上手に食欲をコントロールするには?

せっかくの季節!おいしいものは楽しみたい!ですよね。
食欲をコントロールする方法は様々ありますが、
まず、基本になるのが、「しっかりとよく噛むこと」になります。

hc45_img02.jpg

よく噛まない、早食いのデメリットとは?

"満腹感を感じるピークの前に、つい食べ過ぎてしまう" ことで、早食いによる「肥満」のリスクや、 「血糖値の急激な上昇」のリスク要因の1つになります。
よく噛み、ゆっくりと食事をすることで、 食べ過ぎの防止にもつながります。

hc45_img03.jpg

食欲コントロールのポイント

まず、ご自身の日頃の食事時間や噛む回数を意識する。

「一口あたり30回咀嚼しましょう」とよく言われますが、 この表現は、"よく噛む"ための目安の1つです。
また、食材によっての咀嚼の適切な回数は異なりますよね。
まず、日頃食べるスピードが早い方は、ご自身の食べるスピードに改めて気づいていただき、ゆっくりと食事を味わって楽しんでいただくことも、とても大切になります!

よく噛むことのメリット

①顎の運動になる。
②唾液の分泌がよくなる。
③消化吸収を助ける。
④脳への刺激になる。

よく噛むことと、「強く噛みしめる」ことは異なります。
hc45_img04.jpg 噛む際に、硬い物を無理して噛んだり強く噛みしめると、
歯などに負担がかかり、歯が欠けたりしてしまう原因にもなります。
※その方の歯の状態によっても個人差があります。

ご存知でしょうか?

食卓の環境や、お食事のメニュー、味付けなどによっても、
実は、「よく噛む」のに適した状況かどうか、差が出てきます!

日々の生活の中で上手に取り入れられる工夫など、
お一人お一人に合わせた、管理栄養士のアドバイス (健口カウンセリング)コースもございます。
*30分:3,000円(税別)/回 hc45_img05.jpg

ご相談、お申込みはスタッフまで、お気軽にご質問ください。


2018年8月 « トップへ


コールバック予約