2018年2月25日 « トップへ » 2018年4月11日

2018年3月26日

新生活を元気に過ごすためのお弁当

新しい場所や環境で新生活がスタートする方が多いと思います。
これから新しい環境の中でいきいきと生活するために、食事からしっかりと栄養素を補給していきたい時期です。
そこで今回は、お昼ご飯のお弁当についてお話ししたいと思います。

理想的なお弁当は?

白、黒、茶、黄色、緑、赤

簡単に調理ができる又は生で入れられる食材ご紹介!
白米、パン、雑穀米
ごま、こんにゃく、のり
hc39_color3.jpgウインナー、厚揚げ、ちくわ
hc39_color4.jpgブロッコリー、オクラ、レタス
hc39_color5.jpgミニトマト、梅干し
hc39_color6.jpgさつまいも、カボチャ、たまご

同じ色を入れる時は反対に配置をするときれいにみえますよ!

主食:副菜:主菜=3:2:1の割合

hc39_img1.jpg

上の図のような割合で詰めると理想的な栄養バランスに近いお弁当が出来上がります。

隙間をあけない

上手く詰めるコツは大きいものから詰めていくことで隙間なく詰めることが出来ます。

作り置きを活用

時間があるときに作り置きすると、さらにお弁当作りが手軽になります。
作り置きしたものは冷蔵で2~3日保存できるものが多いです。

お弁当箱の選び方

お弁当作りに欠かせないのがお弁当箱です。
お弁当箱を選ぶときはどのようなことに目を向ければいいでしょうか。

①お弁当の容量

平均は成人男性900mlの容量、成人女性600mlの容量です。
これはあくまで目安となり、体型や普段の活動量によっても異なります。
まずは平均のお弁当箱を試してみてその後自分にあった大きさを選びましょう。

②機能性

プラスチック系
hc39_img2.jpg
・電子レンジが使える
・比較的汁がこぼれにくい
・脂汚れが残りやすい
・劣化しやすい



木材系
hc39_img3.jpg
・デザイン性が高い
・保温性、保冷性が高い
・しっかり乾燥させてから使用しないといけない



金属系
hc39_img4.jpg
・油汚れが落ちやすい、長持ちする
・においも残りにくい
・電子レンジは使えない
・汁がこぼれやすい、ごはんがくっつきやすい


2018年2月25日 « トップへ » 2018年4月11日


コールバック予約