2017年6月 « トップへ » 2017年8月

2017年7月27日

夏のストレスを乗り越えましょう!

厳しい暑さのつづくこの季節は、疲れも出やすい傾向にあるので、工夫しながら乗り切りましょう!

夏のストレスポイントの例


・厳しい暑さで、溜まりやすい疲れ
・外気温と、室内温度の差による身体への負担
・暑さによる影響で睡眠時間・質の低下
・強い紫外線や日差しによる身体への負担
・冷たいものの摂り過ぎによる内臓の冷え  など...


免疫力の低下につながりやすい

hc31_img2.png ・身体の不調やダメージのリスク要因に
・歯周病菌などにとって好都合な状態となる

歯周病菌にも負けない免疫環境や、からだの健康の為に上手にストレス対策を!


【しっかりとよく噛む】
よく噛むことで、消化を助けて負担を軽減し、唾液の分泌もUPすることで口腔内の殺菌効果も高まります。

【抗酸化作用のある食材を取り入れる】
生活習慣の乱れや、刺激ストレスが原因で生じる活性酸素は、抗酸化作用のある食材を上手に取り入れることが効果的で、日々の食事の中でストレス対策・免疫力UPにつながります。

【適度な運動を取り入れる】
適度な運動を行うことによって、身体の免疫効果が高まり、ストレスや身体の機能の改善につながります。
*ご自身の体調などに合わせて無理なく行うことが大切です。

【状況に合わせた対策をする】
空調で冷えすぎない様、温度を調整したり、紫外線対策グッズを上手に活用し、紫外線から身体を守るほか、就寝時には適度な温度で快適な睡眠環境を整えてみましょう。

◆睡眠不足の状態では、食欲増進作用のホルモン『グレリン』の分泌量が高まる傾向があります。
◆強い紫外線は、シミやシワの原因だけでなく、細胞の内側までダメージを与える原因にもなります。

*ストレスに戦う!簡単レシピ*

鮭と野菜の炊き込みご飯 


【材料】(4人分) :抗酸化食材

鮭切り身  1枚
人参 1/4本(50g)
・玉ねぎ1/4個(50g)
舞茸 1パック(100g)
・精白米 270g
・押麦 30g
 *合わせて2合分

・だし汁 300g
・塩   小さじ1/2
・醤油  大さじ1
・ごま油 小さじ1
万能ねぎ  3本


【栄養成分】(1人分)

エネルギー:338kcal
たんぱく質:10.2g
脂質:3.5g
炭水化物:63.0g
食塩相当量:1.5g

【作り方】

1.人参を3cm長さの千切り、玉ねぎを3㎜厚のスライスにして、舞茸は食べやすい大きさに手でほぐす。
2.米を研ぎ、1時間浸水させ水気をよく切る。
3.炊飯器に米、押麦、だし汁を加え、鮭と調味料、野菜,も加え、炊飯する。
hc31_img1.jpg 4.炊き上がったら、鮭を一旦取り出し、皮を取ってほぐしながら、骨を除く
(やけどにご注意!)
5.鮭を戻し、ごま油を加え、全体をよく混ぜる。
6.仕上げに万能ねぎをのせる。


2017年6月 « トップへ » 2017年8月


コールバック予約