2017年2月27日 « トップへ » 2017年7月27日

2017年6月26日

酸蝕症について

暑い日が続き、さっぱりした食事や冷たいジュースなどが欲しくなる季節ですね。
清涼飲料水の摂取などにより増えている酸蝕症についてお話していきます。

酸蝕症は身近な酸性の飲食物や胃液によって歯が溶かされる疾患です。


原因として清涼飲料水を飲む機会が増える・健康の為にお酢・ワインの摂取量が増えた事等が挙げられます。
虫歯とは違いお口の外からの酸や自身の胃液によって歯が溶かされます。
むし歯はプラークの中で作られた酸によるものなので溶ける範囲は小さいですが、酸蝕は溶ける範囲が広くなります。

こんな人がなりやすい


・ワインや酎ハイを頻繁に長時間かけて飲む
・毎日健康の為にビタミンや黒酢ドリンクを飲む
hc30_img1.jpg ・柑橘系の果物を食べて直ぐに歯磨きをする
・のど飴を絶えずなめている
・スポーツの際にスポーツドリンクを飲みっぱなし
 etc....

hc30_img2.jpg pHは値が小さいほど酸性です。
エナメル質が溶け始めるのはpH5.5~5.7です。
こちらは代表的な食べもの・飲み物のpHの表です。
よく飲む飲み物などはありますか?

酸蝕症を予防しましょう

①酸性の食べ物・飲み物をダラダラ食べたり飲んだりを避ける。

②酸性の食べ物・飲み物を摂った直後は歯のエナメル質が柔らかくなっているので直ぐに歯磨きをしない。(30分~1時間あけるか、よくうがいをしてから歯磨きしましょう。)

③だ液がお口の中を中性にしてくれるます。
寝てる間はだ液が少なくなるので、寝る前には酸性の物を摂らないようにしましょう。

管理栄養士が行う健口カウンセリング

アプリや日記に記録をつけて健康管理をしている方も多いのではないでしょうか。
でも、記録するだけでなく、記録を利用した「あなただけのアドバイス」を専門家からしてもらえたらいいな‥と思いませんか?
当クリニックの管理栄養士が行う健口カウンセリング『歯周病を改善するPコース』では、毎日の健康記録や専属の管理栄養士からのアドバイスを受けられるWeb支援を含むサポートを行います。

歯周病の改善に管理栄養士は必要なの?

hc29_img1.jpg 歯周病は全身の状態と深く関係があります。
歯周病の直接の原因は歯周病菌ですが、歯周病菌のすみかとなる歯垢をためやすい悪い生活習慣にも注意が必要。また、健康状態が悪く、抵抗力(免疫力)が落ちていると、歯周病菌が暴れ出しやすくなります。
歯科医師や歯科衛生士、管理栄養士などの専門家と取り組むことが大切です。
※参照:8020推進財団 からだの健康は 歯と歯ぐきから

Pコースはこんなサービスです!

hc29_img2.jpg 1人だと目標達成に向けたモチベーションが続かない‥なんてことありますよね。
Pコースでは気軽に相談できる専属の管理栄養士があなたのライフスタイルに合わせてしっかりとサポートします。
料金: 6か月で\13,000(税抜)
hc29_img3.jpg

Pコースは歯周病を改善したい人しか受けられない?

hc29_img4.jpg
Pコースではお持ちの健康診断の結果などを使用してお口と全身の状態を総合的に評価していきます。
そのため歯周病改善とともに、全身状態の改善も期待できますので様々なご希望やお悩みに対応できます。

ご相談・お申込みはスタッフまでお気軽にお問い合わせください♪

妊娠すると歯がボロボロになる?

「妊娠すると歯がボロボロになる」とよくいいますが、これはホントなのでしょうか?
歯の主成分のカルシウムが赤ちゃんに移行して歯がボロボロになると考える方がいますが、これは誤りです。
確かに、妊娠するとおなかの赤ちゃんは、胎盤を通してお母さんのからだからカルシウムを受け取り、骨や歯を作ります。
しかし、お母さんの歯から移行することはなく、カルシウムの吸収率自体も高まるため、妊娠したからといって、歯がボロボロになることはありません。
hc28_img1.jpg そのため、お母さんになっても妊娠前のカルシウム必要量1日650㎎を十分に摂取していれば問題はありません。

とはいえ、妊娠期は虫歯や歯周病になりやすいのは事実です。
女性ホルモンの急激な変化やつわりの影響、食生活の変化による影響などさまざまです。
また、虫歯も歯周病も感染症の一種です。出産後の赤ちゃんへの感染はもちろん、歯周病に関してはおなかの赤ちゃんにも感染の恐れがあります。

妊娠中は特にクリーニングが重要

出産後に気付いたら"虫歯が増えていた""歯周病が悪化していた"なんてことがないよう、
妊娠中は毎日のケアを念入りに行い食生活も見直しましょう。
hc28_img2.jpg また、どんなに綺麗に歯磨きをしているつもりでも、完璧に磨けていないことがほとんどです。定期的な健診・クリーニングでプロにみてもらうことをお勧めします。
さらに、お口の中だけでなく食生活で不安なことは管理栄養士のスタッフが対応いたします。
「妊娠中の適正な食事量って?」「食べてはいけない食べ物ってある?」意外と知らない"正しい知識"を歯科の管理栄養士が提供します。

優歯科の管理栄養士による 「健口(けんこう)カウンセリング」(有料)

 ★ママと赤ちゃんの健康を考える ~マタニティケアコース~
 ★歯周病を改善する ~歯周病コース~
 ★子供の歯並び・虫歯予防と食育を考える ~食育コース~
 ★健康づくりを食・栄養からアプローチする ~栄養相談コース~
詳細は、お気軽にスタッフにお尋ねください♪

「噛める口(くち)」を 一生維持 したい!

お花見の季節がやってきました。桜の下でお酒を飲んだり、お弁当や花見団子を食べたり・・・季節のイベントにはおいしい"食"がつきものです。
食べるための「噛める口」は、早くから気をつけて必要な予防や治療をしておけば、一生維持することも可能です。

きちんと噛めることは健康長寿の基本

噛むことには食事を楽しむ以外にも、胃腸の働きを促進する、唾液の分泌を促し口腔内の病気を予防するなど、様々な効果があります。
噛む動作にはあごや舌の筋肉を使うので、脳や全身に刺激が伝わり老化防止や体力向上に効果的です。認知機能向上や肥満防止、がん予防にも役立つことがわかっています。
噛む機能を保つことが、自立した健康な生活のカギになると言っても過言ではありません。

噛む機能を維持するための予防的ケアのポイント

①毎日の歯磨き......歯の汚れが積み重なると、むし歯や歯周病が進行します
②専門家による定期的な口腔ケア......誰にでも、歯磨きで取りきれない汚れは存在します。3カ月に一度は歯のクリーニングを受けましょう
③菌に負けない自然治癒力......食事、睡眠など日頃の生活習慣がなにより大切です。体の免疫機能が低下するとむし歯や歯周病は進行し易く、治りも悪くなります

噛む機能維持のための「予防」は、思い立ったが吉日!
若いころは歯に不自由がなく、部活や仕事、子育てに忙しく、ケアを怠りがちです。
しかし、不摂生を続けるとむし歯や歯周病が静かに進行し、40歳を過ぎたころに突然歯を失うことにもなりかねません。自覚症状がないうちからのケアが大切です。
また、噛めないお口をそのままにしておくと、認知症や転倒のリスクも高まります。
たとえ歯を失っても、必ず治療をしてかみ合わせを回復しましょう。

優歯科クリニックでは噛んだり飲み込んだりするのに不自由を感じるときのお食事の相談も受け付けております。当院の管理栄養士にお気軽にお声かけください。

"かかりつけ歯科"としての認可を受けました


「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」とは、お口の機能の維持・向上による健康寿命延伸とQOL(生活の質)改善を目的に、歯を失わないための定期管理(メンテナンス)をすることができる専門機能を備えていることが認められた歯科診療所のことです。
優歯科クリニック花小金井は平成29年3月にこの認可を受けました。
上石神井など、系列の優歯科クリニックでも順次体制を整えてまいります。認可を受けるための施設基準は厳しく、平成28年12月現在都内で認可されているのは全体の約3%といわれています。

患者様のメリット


この認可により、今までは保険適用外だった予防目的のメンテナンスを、月に1回まで保険診療で行うことができるようになりました。
歯周病だけでなく、むし歯の予防や通院困難な方への口腔ケアを強化し、お口の機能低下を包括的に防ぐことができます。
地域で一生涯お付き合いできるかかりつけ歯科医院として、これからもよろしくお願いいたします。

現代人はマグネシウム不足!

マグネシウムは体外に排出されやすいミネラルの1つです。
以下の項目に当てはまる方は要注意!!

・和食をあまり食べない
・アルコールを飲む
・ストレスを抱えている
・濃い味付けが好き
・カフェインを多く含む飲み物をよく飲む
・肉やスナック菓子/インスタント食品/コンビニ食品(加工食品)をよく食べる
⇒伝統的な日本の和の食材を中心とする食生活から、 「食生活の"欧米化"」により、マグネシウムの摂取量が減少したと考えられます。
また、外食などを利用することが増え、塩分の過剰摂取により体内からのマグネシウムの排泄量が増加し、さらに不足気味になりました。

hc26_img1.jpg
※マグネシウムは尿や汗として体外に排出しやすいミネラルなので、通常の食生活であれば過剰症が出たといった報告もありません。

マグネシウムの働き

マグネシウムの働きは?


hc26_img2.jpg ・骨や歯の健康維持にはたらく
・血管を広げ、血圧を下げる
・心臓の筋肉のはたらきをよくする
・エネルギー代謝をスムーズにする
・タンパク質の合成に関わる

マグネシウムが不足したら、、、?


hc26_img3.jpg ・骨が弱くなる、骨粗鬆症をおこす
・歯の形成不全をおこす
・集中力低下がみられる
・心疾患の発症リスクが高まる
・こむら返りがおこしやすい


マグネシウムを充分に摂るには

日頃の食生活でマグネシウムを多く含む伝統的な日本の和の食材を中心とする食生活に改善すると効果的です。
豆類や藻類、種実類、穀類や魚介類に多く含まれます。

hc26_img5.jpg 豆類:大豆食品(豆腐や納豆、油揚げ)、みそetc...
藻類:あおさ、のり、こんぶ、わかめ、ひじきetc...
種実類:ごま、くるみ、アーモンド、落花生etc...
食事として摂りやすいのは、木綿豆腐(1丁390mg)と藻類のあおさは味噌汁に足すなど簡単に取り入れられるのでおすすめです♪

マグネシウムの摂り方のポイント

煮汁も食べる調理方法がベストです。
食品中のマグネシウムは、貯蔵や加熱などで失われることはないですが、調理(水洗いなど)による流出損失が大きく、水に溶け出します。

加工食品では、加熱や精製、食品の加工の過程でおよそ80%程度失われていると言われています。

2017年2月27日 « トップへ » 2017年7月27日


コールバック予約