2016年12月 6日 « トップへ » 2017年2月27日

2017年2月15日

歯や骨=カルシウム?

hc25_img2.jpg よくある質問の1つが、「歯を強くするにはカルシウムをたくさん摂ったら良いですか?」という質問です。
「歯や骨=カルシウム」と思われがちですが、実はカルシウムだけをたくさん摂っても、歯や骨は強くはなりません。

カルシウムだけではなく、何が必要なのでしょうか・・・?
実は、マグネシウムリンという栄養素も必要なのです。

マグネシウムってどんな栄養素?

そこで、今日はマグネシウムに注目してみましょう!
体内のカルシウムの99%は、骨や歯にあります。残りの1%が血液などの体液や筋肉などの組織にあります。
血液や筋肉のカルシウムが不足すると、骨や歯に貯蔵されたカルシウムが補給されます。
「カルシウムを骨から出したり入れたりするホルモンの分泌に関わっている」のが、マグネシウムです。

つまり、「歯や骨を強くしよう!」と思い、「カルシウムだけ」を大量に摂取してしまうと・・・
大量のカルシウム出し入れするために必要な「マグネシウムが不足」してしまいます。
すると、体内のカルシウムをうまくコントロールできず、悪影響に・・・!

カルシウムとのバランスの取り方は?

では、マグネシウムはどのくらい摂ったら良いのでしょうか?
そのバランスは、カルシウム : マグネシウム=2:1です。

hc25_img3.jpg
 【 例:牛乳100g中のカルシウムとマグネシウムの量 】
  カルシウム113mg : マグネシウム10mg ≒ 11:1


この数字からわかるように、マグネシウムの量は圧倒的に少ないです。
歯や骨を強くしようと牛乳をたくさん飲んだとしても、マグネシウム不足のため効果は出にくいと言えます。

カルシウムだけを増やしても、歯や骨は強くなりません。
マグネシウムもしっかり摂れるかが、歯や骨を強くするためのポイントになります。
詳しくは次号に続きます♪

皆さんはドライマウスを知っていますか?

hc24_img2.jpg 言葉の通り、口腔乾燥症とも言われています。
現代病の一つとして挙げられており、子供でもなりえます。

★バレンタイン特別レシピ★お芋のブラウニー

hc25_img2.jpg
*材料*(15cm角1台分)
■さつま芋(1cm角に切る)140g、クルミ(刻む)10g
■ A:米粉80g、ココアパウダー20g
 ベーキングパウダー小さじ1/2
■ B:豆乳100㏄、オリーブオイル大さじ2
 メープルシロップ 大さじ2

*作り方*・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1)さつま芋は水にさらしてあくを抜き、水気をきる。
2)AとBをそれぞれ別のボウルに入れて混ぜておく。
3)AにBを加えて泡だて器で混ぜる。
4)さつま芋、クルミを加えてゴムべらで混ぜる。
5)型に流し入れて170℃(予熱あり)のオーブンで30分焼く。

唾液が少なくなり歯周病が悪化!?

ドライマウスになる原因は様々です。
一つは食事が欧米化になったことで咀嚼回数が減り、唾液分泌量が減った為。
または仕事のストレスで発症する場合もあります。

唾液が減ることで口腔内に粘り気を感じられ、細菌が繁殖していくと歯周病が急速に悪化してしまうのです。
重症化すると食道炎になる可能性も...

お口の運動不足が原因!

柔らかい食事が増え、SNS等の普及により人との対話が減った為今の日本人はお口が運動不足の状態。
まずは食事をよく噛むことが大切です。
また、ストレッチとして「い・う運動」が非常に効果的!

hc24_img2.jpg

1)口を「い」の形に口角を斜め後ろに上げる
2)口を「う」の形に中央に寄せる 

以上を5回1セットしましょう。

クリスマスや忘年会の季節になりましたね。

hc23_img1.jpgついつい食べ過ぎたり、飲み過ぎたりしてしまって、翌日辛くなってしまうことありませんか?
今回はそんな季節に知っておきたい、胃もたれ予防の食材をご紹介します。

胃もたれ

hc23_img1.jpg
胃の運動機能が低下したり、胃酸が出にくくなったりすることで、 食べ物を消化できず胃の中に残ってしまうことにより起こります。


原因として


・暴飲暴食、早食い、脂っこいもの、刺激の強いものの食べ過ぎ
・加齢や運動不足による胃の働きの低下
・ストレス

 などがあげられます。

お助け食材をご紹介!


◆キャベツ
hc23_img3.jpg ビタミンU(キャベジン)が豊富。
胃粘膜保護や胃の血流を良くしてくれます。
また、肝臓の働きを助ける効果もあります。


◆大根
hc23_img3.jpg ジアスターゼという成分が消化を助けてくれます。
熱に弱いので、サラダなど生で食べましょう。



◆長芋やオクラ
hc23_img3.jpg 長芋やオクラに含まれるネバネバが胃腸の粘膜を保護してくれます。



2016年12月 6日 « トップへ » 2017年2月27日


コールバック予約