トップへ » HAPPY CLUB通信 » 【vol.52】時間栄養学っておもしろい! » 食事時刻によって栄養の働きが違う?

食事時刻によって栄養の働きが違う?

同じ食べ物ならいつ食べても体の中での働きは変わらないと思っていませんか?
実は、食事時刻によって栄養の働きが違うのです!

目的別・牛乳のおすすめ摂取タイミング

①毎日すっきり過ごしたい
⇒朝に飲む(胃腸の働きが活発になり、便秘予防になる)
②トレーニング効果を向上させたい
⇒昼間に飲む(筋肉活動に必要なカルシウムが補給される)
⇒夕方のトレーニング前に飲む(カルシウム、リン、良質なたんぱく質の補給で持久力がアップ!)

※カルシウムは夕食がおすすめ!
睡眠中は成長ホルモンの分泌が活発になるので、夕食に牛乳などのカルシウム源を摂ると効率良く骨が作られます。
特に成長期は骨も急激に発達する時期なので積極的にカルシウムを摂りましょう。

減塩は朝食や昼食で!

塩分の成分であるナトリウムは、尿によって体外へ排泄されるので、尿量が多いほどナトリウムが多く排泄されるということになります。
尿の排泄量は、朝や昼に比べて夕食後に増えます。(下図)また、ホルモンの関係で血圧は朝に上がりやすくなるので、朝と昼に減塩し、夕方は制限を緩めるのが効率的です。
一方で、朝に具だくさんの味噌汁を飲むのは食塩の作用で血圧が上がるため、目覚めには役立ちます。

hc52_img1.jpg

太りにくい食事の比率は?

1日3食 朝2:昼1:夕1が最も太りにくい比率です。
つまり、「朝食をしっかり食べて夕食は軽め」がおすすめです。
夕食が遅くなる方は、寝る1時間前なら食事量を4分の1に、2時間前なら2分の1にすると良いかもしれません。
その理由の1つとして、朝食に脂肪が多いものを食べても体は昼間に脂肪を燃やせますが、夕食後は脂肪が燃やしきれずに蓄積されやすいことが挙げられます。
また、夜食は栄養素が筋肉やエネルギーの貯蔵庫である肝臓には利用されず脂肪が合成されると考えられています。

体内時計リセット!簡単朝ごはんレシピ

<材料1人分>
・食パン1枚 
・納豆1パック
・チーズ、マヨネーズ 適量

<作り方>
1.納豆を付属のたれと混ぜる
2.食パンの周りにマヨネーズを絞り、その中に納豆とチーズをのせてトーストする。

クリニック案内

優歯科クリニック 沼袋 03-3228-5470優歯科クリニック 上石神井 03-5927-6555優歯科クリニック 花小金井 042-465-4618 Youcareオーラル花小金井 042-465-4618

トップへ » HAPPY CLUB通信 » 【vol.52】時間栄養学っておもしろい! » 食事時刻によって栄養の働きが違う?


コールバック予約