トップへ » HAPPY CLUB通信 » 【vol.38】『体内時計』の“鍵”を知ろう » 『体内時計』と『歯科』から見た 朝食のメリット

『体内時計』と『歯科』から見た 朝食のメリット

『体内時計』とは?

『体内時計』 とは、1日24時間の時間時計サイクルに対して、 体内の1日約24.5時間周期で体内時間を管理している遺伝子のことです。

◆中枢時計(主時計)遺伝子:(視交叉上核)に存在
◇末梢時計(副時計)遺伝子:肝臓、心臓、血管などの末梢組織に存在

体内時計時間時計との間の【時間のズレ】は、身体の不調の原因ともなります。



【 時間のズレ】を正す『鍵』となるものとは

朝食
朝食をとることで、末梢時計のズレをリセットし、1日をスタートさせることができます。
(特にたんぱく質を含む食事がポイントです。)

朝日を浴びる
朝日の持つ、青い光の波長を目の網膜が受けると、脳が反応し、身体の目覚めを促し、 中枢時計がリセットされます。

朝ごはんを『食べる』ことのメリット

hc38_img1.jpg

1日の活動のスタートに必要なエネルギー源、栄養素の補給はもちろん、
hc38_img2.jpg *よく噛む・・・ 脳への刺激で活性化
         胃腸の負担を助け消化に良い働き
*唾液の分泌・・・口の中をきれいに保つ(殺菌作用)

たんぱく質の補足効果

例えば、ごはんと大豆製品ごはんと魚パンにオムレツなど、
組み合わせることで、良質なたんぱく質としてとれます。

主食のごはんや小麦に不足しているアミノ酸を補ってくれる ≪たんぱく質の補足効果≫があります!
(HC通信34号「たんぱく質について」も併せてぜひご覧ください*)

*ただし、たんぱく質以外の大切な栄養素も賢くとるためには、
偏らず、様々な食品をバランスよくとることがとても大切です☆



こんなお悩みはありませんか?

□ 朝にお腹が空かない
□ 朝ごはんを食べると苦しくなる
□ 朝ごはんを食べると、余計に後でお腹が空きやすくなるので食べない
 →ご自身の身体が知らせるサインかもしれません!

□交代勤務なので、時間がバラバラ
□夜間勤務があるので、朝ごはんのとり方に困る
□長年朝ごはんを食べる習慣がないので、食べられない
 →ライフスタイルに合わせたお食事法も学べます!

管理栄養士による、お一人お一人に合わせた栄養カウンセリングも行っております!(¥3,000/回)
ご自身の大切な歯と健康を守るためにぜひご活用下さいませ*

クリニック案内

優歯科クリニック 沼袋 03-3228-5470優歯科クリニック 上石神井 03-5927-6555優歯科クリニック 花小金井 042-465-4618 Youcareオーラル花小金井 042-465-4618

トップへ » HAPPY CLUB通信 » 【vol.38】『体内時計』の“鍵”を知ろう » 『体内時計』と『歯科』から見た 朝食のメリット


コールバック予約