トップへ » HAPPY CLUB通信 » 【vol.25】カルシウムだけでは、歯や骨は強くならない!?

歯や骨=カルシウム?

hc25_img2.jpg よくある質問の1つが、「歯を強くするにはカルシウムをたくさん摂ったら良いですか?」という質問です。
「歯や骨=カルシウム」と思われがちですが、実はカルシウムだけをたくさん摂っても、歯や骨は強くはなりません。

カルシウムだけではなく、何が必要なのでしょうか・・・?
実は、マグネシウムリンという栄養素も必要なのです。

マグネシウムってどんな栄養素?

そこで、今日はマグネシウムに注目してみましょう!
体内のカルシウムの99%は、骨や歯にあります。残りの1%が血液などの体液や筋肉などの組織にあります。
血液や筋肉のカルシウムが不足すると、骨や歯に貯蔵されたカルシウムが補給されます。
「カルシウムを骨から出したり入れたりするホルモンの分泌に関わっている」のが、マグネシウムです。

つまり、「歯や骨を強くしよう!」と思い、「カルシウムだけ」を大量に摂取してしまうと・・・
大量のカルシウム出し入れするために必要な「マグネシウムが不足」してしまいます。
すると、体内のカルシウムをうまくコントロールできず、悪影響に・・・!

カルシウムとのバランスの取り方は?

では、マグネシウムはどのくらい摂ったら良いのでしょうか?
そのバランスは、カルシウム : マグネシウム=2:1です。

hc25_img3.jpg
 【 例:牛乳100g中のカルシウムとマグネシウムの量 】
  カルシウム113mg : マグネシウム10mg ≒ 11:1


この数字からわかるように、マグネシウムの量は圧倒的に少ないです。
歯や骨を強くしようと牛乳をたくさん飲んだとしても、マグネシウム不足のため効果は出にくいと言えます。

カルシウムだけを増やしても、歯や骨は強くなりません。
マグネシウムもしっかり摂れるかが、歯や骨を強くするためのポイントになります。
詳しくは次号に続きます♪

★バレンタイン特別レシピ★お芋のブラウニー

hc25_img2.jpg
*材料*(15cm角1台分)
■さつま芋(1cm角に切る)140g、クルミ(刻む)10g
■ A:米粉80g、ココアパウダー20g
 ベーキングパウダー小さじ1/2
■ B:豆乳100㏄、オリーブオイル大さじ2
 メープルシロップ 大さじ2

*作り方*・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1)さつま芋は水にさらしてあくを抜き、水気をきる。
2)AとBをそれぞれ別のボウルに入れて混ぜておく。
3)AにBを加えて泡だて器で混ぜる。
4)さつま芋、クルミを加えてゴムべらで混ぜる。
5)型に流し入れて170℃(予熱あり)のオーブンで30分焼く。

クリニック案内

優歯科クリニック 沼袋 03-3228-5470優歯科クリニック 上石神井 03-5927-6555優歯科クリニック 花小金井 042-465-4618 Youcareオーラル花小金井 042-465-4618

トップへ » HAPPY CLUB通信 » 【vol.25】カルシウムだけでは、歯や骨は強くならない!?


コールバック予約