トップへ » HAPPY CLUB通信 » 【vol.7】お酒のいい話・悪い話

今回のテーマは「お酒」です。

大人になると必ずと言っていいほど口にするお酒。 成人1人当たり年間で99.3リットル(缶ビール284缶分) もの量が消費されています。 今回はアルコールの<イイ話>と<ワルイ話>をお伝えします。

お酒の循環

お酒は体の中に入ると胃で約20%、腸で約80%が吸収され全身に流れていきます。
アルコールはほぼ肝臓で分解され、余ったものはそのまま呼気・尿・汗として排出されます。
img01.jpg

・糖・タンパク質・脂肪を貯蔵し、必要な時にエネルギー源として供給します。
・アルコールや老廃物を無毒化し、体に害にならない様にしてくれます。
・肝臓で作られた老廃物を流す「胆汁」を分泌します。

img03.jpg img02.jpg

肝臓が1時間に分解できるアルコール量は日本酒約4分の1合分。
毎日日本酒を3合飲んでいる人は実に12時間も分解し続けていることになります。
この分解により脂肪が生成され脂肪肝になるのです。

正しく飲んでお酒を楽しもう!

・目安は中瓶ビール1本、日本酒1.5合
・週に2日は休肝日を取り、肝臓を休ませましょう。
・度数の高いお酒を飲む時はチェイサーと一緒に

アルコールの分解を助ける食べ物って?
 ☆チーズ:胃の表面を防護してくれる
 ☆牛乳:吸収を緩やかにする
 ☆果物:アルコール分解の促進
 ☆野菜:分解で消費したビタミン・ミネラルの補給

img04.jpg 正しくお酒を飲む人は不足・過度に飲んでいる人よりも
長生きしているというデータも出ています。
ストレスを貯め込むのはもちろん体に害ですので、
自分の体を理解しながら楽しくお酒を飲みましょう!

作成:管理栄養士 柴原 元

クリニック案内

優歯科クリニック 沼袋 03-3228-5470優歯科クリニック 上石神井 03-5927-6555優歯科クリニック 花小金井 042-465-4618 Youcareオーラル花小金井 042-465-4618

トップへ » HAPPY CLUB通信 » 【vol.7】お酒のいい話・悪い話


コールバック予約