トップへ » 優歯科だからできること » ホワイトニング・審美歯科 » 【ノンメタル治療】 金属を使わない治療の重要性とは?

【ノンメタル治療】 金属を使わない治療の重要性とは?

ノンメタル治療"わざわざ高価な白い歯なんか入れなくても、銀歯で十分だよ"と思っている方はいませんか?

実は日本の保険歯科治療では、アメリカではすでに人体への使用が禁止されているパラジウム・水銀という金属が使用されています。これらの金属は、人体の免疫機能に悪影響を及ぼし、頭痛・めまい・アトピー性皮膚炎・金属アレルギー・不眠をはじめ、自律神経失調症などを引き起こす危険性があるのです。

そこで当クリニックでは体内に有害物質を蓄積させる口腔内の金属を除去し、人体に無害なセラミックに変える治療(ノンメタル治療)をオススメしています。

見た目も美しいセラミックの詰め物・被せ物
またセラミックの詰め物・被せ物は、見た目が美しく、天然の歯と同じような審美性があるのも特徴です。どんな小さな詰め物でも、大きな口を開けて笑うと、どうしても銀の歯が見えてしまいます。一方、セラミックの歯なら他人に気づかれる心配はほぼないでしょう。

最近では、金属アレルギーと見た目の問題から、セラミックの歯を好まれる患者さんが増えています。"笑ったときの銀歯が気になる""以前、入れたプラスチックの歯が変色してきた"という方、ぜひ一度当クリニックまでご相談ください。
 

クリニック案内

優歯科クリニック 沼袋 03-3228-5470優歯科クリニック 上石神井 03-5927-6555優歯科クリニック 花小金井 042-465-4618 西新宿五丁目歯科医院 03-3320-5336

トップへ » 優歯科だからできること » ホワイトニング・審美歯科 » 【ノンメタル治療】 金属を使わない治療の重要性とは?


コールバック予約