トップへ » 優歯科だからできること » 歯周病 » 歯周病の治療方法について教えてください

歯周病の治療方法について教えてください

歯周病の治療方法について教えてください歯周病は患者さんの進行具合によって、治療方法が異なります。初期の歯周病であれば、歯石の除去をおこなうことで、簡単に改善できる場合があります。しかし、進行が進むと外科手術など、大掛かりな治療が必要になることも。"歯肉から血が出る・痛い""腫れがずっと続いている"という症状でお悩みなら、早めの検診をオススメします。

歯周病の治療方法について教えてください◆軽度歯周病
歯と歯肉の間に、プラーク(歯垢)や歯石がたまり、細菌の繁殖により歯肉が腫れてしまった状態です。出血などを伴うこともあります。この段階であれば、歯科衛生士によるブラッシング指導や、1~2回の歯のクリーニングをおこなうことで、比較的短期間で回復します。

◆中等度歯周病
口臭や出血がひどく、歯石の付着も目立ち、専門家が見れば歯肉にも炎症を起こしているのが確認されます。徐々に骨が後退しはじめ、歯周ポケットも深くなり、歯もグラグラな状態です。

この段階では、歯の表面に沿って歯肉の奥まで付着した歯石を取っていきます。痛みを感じる時は麻酔をして無痛状態の上でおこないます。さらに、数回にわたって歯石を除去し、歯肉の状態が改善された後に検査をおこないます。

歯肉ポケットの深さが4mm以上あるところは、通常の手用器具を用いた非外科的な処置での完全除去は見込めないため、歯周外科とよばれる外科的な処理となります。

◆重度歯周病
さらに進行し歯肉は、真っ赤に腫れます。骨もかなり破壊されて後退し、歯のグラグラが大きくなっています。重度の場合、歯周外科にて対応します。それでも改善が見込まれない場合は、残念ながら抜歯となります。

クリニック案内

優歯科クリニック 沼袋 03-3228-5470優歯科クリニック 上石神井 03-5927-6555優歯科クリニック 花小金井 042-465-4618 西新宿五丁目歯科医院 03-3320-5336

トップへ » 優歯科だからできること » 歯周病 » 歯周病の治療方法について教えてください


コールバック予約