トップへ » 優歯科だからできること » 一般歯科(ムシ歯)

【ムシ歯治療】 なるべく削らず、痛みも少ない

なるべく削らず、痛みも少ない

患者さんへの負担を減らすことを第一に考え、当クリニックではなるべくご自身の歯を削らず、健康な歯を残す方法をご提案します。また、麻酔方法を工夫し、できるだけ治療の痛みの少ない治療方法を採用しています。

このページでは当クリニックのムシ歯治療の特徴についてご紹介します。

当クリニックのムシ歯治療の特徴
できるだけ歯を抜かない・削らない
【2段階麻酔】 "痛みゼロ"を目指す
知っていますか?ムシ歯のメカニズム
 

できるだけ歯を抜かない・削らない

できるだけ歯を抜かない・削らないムシ歯を治療して欲しいけど、できるだけ歯は削りたくないもの。そこで当クリニックでは治療計画を立てる際、なるだけ歯を削らず、健康な歯を残す方法をまずご提案します。

一昔前の治療方法では、ムシ歯は削って治すという考え方が主流でした。しかし、現在では治療方法や素材は進化しており、たとえば初期のムシ歯なら削らずフッ素塗布などの処理をおこなうだけで改善できるケースもあるのです。

歯は一度削ってしまうと、二度と元の状態には戻りません。当クリニックでは、患者さんの健康な歯をできるだけ残すために、常に最善の治療方法をご提案します。
 

【2段階麻酔】 "痛みゼロ"を目指す

痛みゼロを目指す歯科治療では、痛みを抑えるために"麻酔"をかけますが、"麻酔そのものが痛かった"という経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

当クリニックでは麻酔を打つとき、表面麻酔をおこない、麻酔針が最初に刺さる痛みそのものを解消します。表面麻酔とは、皮膚や粘膜表面の知覚を麻痺させるために行なう麻酔方法。患部に塗るだけで、だんだんと麻痺してきます。

また麻酔を注入するときは、"電動麻酔機"と呼ばれる特殊な装置でゆっくりと麻酔液を注入していきます。実は麻酔の痛み・不快感は注入時の余計な圧力です。そこで電動麻酔機を使うことで、これらの不快感を大幅に軽減しています。

他にも、"今から麻酔をします""少しちくっとしますよ"など、患者さんの状況を察しながら声をかけることも、治療の心理的不安を減らすための取り組みのひとつです。
 

知っていますか?ムシ歯のメカニズム

知っていますか?ムシ歯のメカニズムムシ歯は進行状態によってC0~C4 までの段階に分けられます。あなたの歯はどのタイプですか?ぜひ一度セルフチェックすることで、自分の歯の状態を的確に知りましょう。

◆C0
初期ムシ歯の状態です。まだ歯に穴は開いていません。フッ素とキシリトールを使って、歯を再石灰化させることで、改善していきます。

C1◆C1
歯の表面のエナメル質にだけ穴が開いた状態です。この段階では痛みはありません。放置すると進行してしまうので、削って詰める治療が必要です。とはいえ、削る部分は最小限で済みます。

C2◆C2
エナメル質の下にある象牙質にまで達したムシ歯です。まだ神経に達していないので、強い痛みはありません。しかしながら、ときどき甘いものなどが染み始めます。この段階では、削って型取りをし、出来上がってきたものをとめる治療をおこないます。
※麻酔を使って治療していきます。

C3◆C3
ムシ歯が神経に達し、歯髄炎を起こした状態です。歯根膜に炎症が起き、歯根膜炎になることもあります。ここまでくれば、激痛を伴います。この段階では、麻酔をして、歯を大きく深く削り、神経を抜き取ります。

C4◆C4
神経が死んでしまった状態。痛みは少ないものの、ムシ歯菌が血管を通り、心臓病や腎臓病を引き起こすこともあります。こうなってしまっては、ほとんどの場合抜歯の必要があります。

関連ページリンク

優歯科だからできること一般歯科(ムシ歯)歯周病
小児歯科予防歯科ホワイトニング・審美歯科
インプラント治療費用について

クリニック案内

優歯科クリニック 沼袋 03-3228-5470優歯科クリニック 上石神井 03-5927-6555優歯科クリニック 花小金井 042-465-4618 西新宿五丁目歯科医院 03-3320-5336

トップへ » 優歯科だからできること » 一般歯科(ムシ歯)


コールバック予約